忍者ブログ
The Place of The Videogamesというサイトの別館的位置付けで、基本的には色々と考えて思いついたことを書くところになります。腰の入ったレビューは本館にありますのでそちらをご覧ください。一部ゲームについては攻略(っぽい)ことも書いています。
[189] [188] [187] [186] [185] [184] [183] [182] [181] [180] [179]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

サントラを聴いていて、懐かしくなったので久々にやってみたら、ステージ3ボスでやられてしまいました……。

 あれ? こんなに難しかったかな。それとも自分がクリアしたり、よくやっていたのって、いつもイージーモードだったのかな?

 ともかく自分の下手さ加減に、ただでさえ落ち込み気味だった気持ちがさらに消沈、そのままふてくされて電源を切ってしまったのでした。


 とはいえ『アインハンダー』は好きです。なんか、『メタルブラック』にも似た雰囲気を感じます。近未来であり、同時に人の感情があまりない、殺伐とした雰囲気が。


 敵の持っている武器を分捕ってそれを逆に利用するというシステムも面白いですよね。自分が持っているマシンガンは本当に申し訳程度のものなので、そういった超絶火力/装甲を持ち合わせた敵を撃破するためには、やはりガンポッドが必要不可欠(そうしないでクリアした人もいるにはいるみたいですが)。

 硬い敵にも数発撃ち込めば装甲を吹っ飛ばせる『カノン』とか、画面奥の敵さえ追いかけて破壊できる『ワスプ』とかは、数も多いので主力として使えるだろうし、装甲を無視して直接ダメージを与えられる『ライオット』とか、3面の中ボスに対しては絶大な威力(何もさせないで破壊できる)『ブレード』とかも、局地的には使えるでしょう。あとはちょっと使いづらいけど見た目以上の破壊力がある『グレネード』など玄人好み? の武器もありますし。

 そういった数々の兵器を、プレイしているうちに自分なりに「ここはこの武器だな」とかと戦略を立てて進められるようになるのが面白いですね。


 あと、ひとつひとつの兵器にものすごく詳細なデータとか、生産に至る経緯とかの設定があるところが好きです。とかく兵器マニアはスペックとか、そういうどうでもいい話に興奮するものですからね。……ちなみにボスとして出てくる兵器は、たいていがコストの問題で量産には至っていないそうです。

 ただ、『メタルブラック』と違って、これはあくまでも人間同士の戦い。先進的な技術を持つ月に移住した人たちと、数で勝る地球に居残った人たちの、いつ終わるとも知れない戦いなのです(……なんか、初代ガンダムみたいですね、これって)。

 地球という理想郷に憧れてアインハンダー隊に志願した『私』(ゲームのプロローグで語る人)と、あまり大っぴらに人に言えないものを背負って志願した『俺』(取扱説明書の人)。ともかく生き残った方が指令衛星ヒュペリオンからの指示を受け、任務をこなしていくのですが、この戦争の目的とは? そして戦争の果てにあるものは?

 ……とりあえず、難易度をイージーにしないと、私には見ることは出来なさそうです。
PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新CM
[06/22 どい]
[08/04 いぬがみ]
[07/29 名無し]
[07/29 名無し]
[07/28 いぬがみ(管理人)]
プロフィール
HN:
いぬがみ
年齢:
36
性別:
男性
誕生日:
1981/07/04
自己紹介:
「シューティング好きの一般人」キャリアの割には一向に上手にならない、けれどもシューティングが好きな「雰囲気組」。それ以外にも80年代末~90年代のアーケードゲーム全般が好き(パズル、格闘ゲームは苦手)。
バーコード
ブログ内検索