忍者ブログ
The Place of The Videogamesというサイトの別館的位置付けで、基本的には色々と考えて思いついたことを書くところになります。腰の入ったレビューは本館にありますのでそちらをご覧ください。一部ゲームについては攻略(っぽい)ことも書いています。
[125] [124] [123] [122] [121] [120] [119] [118] [117] [116] [115]
 基本的に私は幼少の頃に、ファミコンよりもむしろアーケードゲームの洗礼を受けた人間なので、基本的にゲームはアーケードが一番! と思っている人間です。

ではあるものの、最近になってファミコンなどの、そのまま移植するのが難しいために思い切りアレンジを施したバージョンが意外と面白いことに気づいたため、逆に移植版を好んでプレイしているところですが、そう思える理由は絶妙な難易度。

 『グラディウスⅡ』とかも、アーケード版は結構それなり以上の難易度であるものの、ファミコン版は(水晶ステージでミスすると復活が至難の業だとか、そういうことはあるものの)結構遊べる難易度ですし、今回書こうと思った『1943』もそう。ファミコン版では大幅にストーリーが変わり、トウタク軍と飛行機で戦う『レシプロ三国志』とでもいうべき内容ではあるものの、非常に面白いのですね。

 これも難易度が(比較的)低いのですが、それというのはやはり自分の機体をその都度パワーアップさせられるからですね。エネルギーや特殊武器の最大値を増やし、防御力もアップさせれば、そうめったなことではやられません。ついでにアーケード版で物議をかもした究極兵器『ハイパーレーザー』もタメでいつでも発射可能ということもあり、名物であるアヤコなども一瞬で撃滅させることが出来るのですね。

 ……ただ……それでも最終ステージのボス戦は、かなりの長丁場となっています。ボス登場の音楽になっても、戦艦や空母が出てくるばかりで、最終目標である『トウタク』がなかなか出てきません。それまでも着実にエネルギーは減り、ついに武運尽きて海の藻屑となってしまう有様。ウムム……アーケード版でもそうでしたが、やはりラストステージは甘くないということか。

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
フリーエリア
最新CM
[06/22 どい]
[08/04 いぬがみ]
[07/29 名無し]
[07/29 名無し]
[07/28 いぬがみ(管理人)]
プロフィール
HN:
いぬがみ
年齢:
36
性別:
男性
誕生日:
1981/07/04
自己紹介:
「シューティング好きの一般人」キャリアの割には一向に上手にならない、けれどもシューティングが好きな「雰囲気組」。それ以外にも80年代末~90年代のアーケードゲーム全般が好き(パズル、格闘ゲームは苦手)。
バーコード
ブログ内検索