忍者ブログ
The Place of The Videogamesというサイトの別館的位置付けで、基本的には色々と考えて思いついたことを書くところになります。腰の入ったレビューは本館にありますのでそちらをご覧ください。一部ゲームについては攻略(っぽい)ことも書いています。
[115] [114] [113] [112] [111] [110] [109] [108] [107] [106] [105]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 本来であれば私のような外道が、このタイトルについて語るべきではないと思っていたのですが、最近よくやっているので、触れてみたいと思います。ああ、私がやっているのはサターン版なので『レイヤーセクション』なのですが。

 このゲームは、当時兄者が仙台の大学に通っていて、そこに遊びに行った時にプレイしたのが最初です。それっていうのはアーケード版なので『レイフォース』だったのですが、兄者にとってはアーケードでクリアした作品だそうで、なかなか思い出深い作品とのこと。

 で、そこまで思い入れのない犬神はどうかというと、ウーム、最初はあまり好きではありませんでした。どうしてなのかといえば、やっぱりボムがないから。その代わりのロックオンレーザーなのですが、とにかく(『ゼビウス』とか、ああいう時代のゲームならともかく)ボムがないシューティングなんて……難しすぎて先に進めないよ、というのが当時の犬神の率直な感想。

 ところが、それでもついプレイしてしまうのは、やはり2009年現在でもまったく色あせることのない美しいステージ構成とBGMでしょう。ボスがいて、いちいちステージ表示が出て、という切れ間はあるものの、画面の中の展開としてはひとつながりで、常にリアルタイムに展開していく世界。ゲームの中のスクロールや緊張感と絶妙にリンクする音楽。そういうのを味わいたくて、何度もコンティニューしながら、何度もプレイしてしまうのです。

 
 最近『セガラリー』だのなんだのと、サターンばかり遊びまくってる関係で、久々に引っ張り出してやってみたものの、「これって結構面白いんじゃない」と。 ……最近こればっかりです。もはやおなじみの台詞となってきました(苦笑)。

 確かに難しいのはそうなのですが、ボムがないゆえに自分で攻略パターンを考えていかなければならないのですが……その作業が楽しいのですね。倍率をねらっていけるところはギリギリまで粘るし、いつも追い込まれてピンチになるところは速攻でバンバン倒していくし、と。

 それでも5面ボスの高速レーザー一斉照射(第2段階)とかでやられますし、6面のラッシュとかでは、あっという間に追い詰められてダメだぁー! となってしまうのですが、まあ地道にやっていきます。とりあえず6面が今のところの壁ですが、冷静に考えると以前はせいぜい4面かそこらが限界だったのですから、そこそこうまくなったのでしょうね、私もね。自分なりにね。
PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新CM
[06/22 どい]
[08/04 いぬがみ]
[07/29 名無し]
[07/29 名無し]
[07/28 いぬがみ(管理人)]
プロフィール
HN:
いぬがみ
年齢:
36
性別:
男性
誕生日:
1981/07/04
自己紹介:
「シューティング好きの一般人」キャリアの割には一向に上手にならない、けれどもシューティングが好きな「雰囲気組」。それ以外にも80年代末~90年代のアーケードゲーム全般が好き(パズル、格闘ゲームは苦手)。
バーコード
ブログ内検索