忍者ブログ
The Place of The Videogamesというサイトの別館的位置付けで、基本的には色々と考えて思いついたことを書くところになります。腰の入ったレビューは本館にありますのでそちらをご覧ください。一部ゲームについては攻略(っぽい)ことも書いています。
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9]
「頭文字D8インフィニティ」結局、免許証を作って始めてしまいました。より多くの人に冷水を浴びせるためには車のチューニングを進めなければいけないと思ったからです。

選んだ車は「マツダ・RX-8」。色は私の現実世界の愛車ファミリアファミ子(BJ5W無改)と同じサンライトシルバーメタリック。RX-7(FD3S)ではなくRX-8を選んだのは、湾岸ミッドナイトの世界と違い、そこまでパワーはいらないだろうと思ったからです。だって130馬力程度の80年代ライトウェイトカーが主役の世界ですもんね?

そういう世界なら今のところ最新で究極のREマシンであるRX-8も十分に活躍できるだろう……そう思ってセレクトしました。私も実際にマツダ乗りですしね。


とりあえず車をチューンしていくポイントがもらえるので原作のキャラクター相手のバトルやら全国通信対戦のバトルやらをプレイしているのですが……全国対戦がめっぽーアツいですね。自分の「走り屋クラス」とマッチングした相手が出てくるからなのか、実力伯仲、抜きつ抜かれつのバトルが展開されます。

一方で走り屋クラスは私と同じ最低ランクながら、なぜか162勝をマークしている謎の人とかもいてビックリしてしまいました。しかも車はこちらよりも格段にパワーのある80スープラで、選んできたコースは3回くらいしか走ったことのない赤城。そしてわざわざレインコンディションを選択してきたのだから、ほとんど勝ち目はありません。

「これはバトルじゃない セミナーだ」

自分にそう言い聞かせ、とりあえず「どうやったら上手にドリフトができるのか?」「レインコンディションだと、どのくらい滑りやすいのか?」を覚えるために気持ち強めの減速をしながら走行。当然ながら相手との距離は最大で150メートルくらいついたのですが……なぜか終盤で相手が失速。グイグイと差を詰め、ついに大逆転勝利を飾ってしまったのでした。

1.相手がエンジンブローした、または重量級の車ゆえタイヤがタレた
2.相手がゲローした(パープル・シャドウの城島先生のように)
3.私がヘボすぎて勝負を降りた

どういった理由があったかはわかりませんが、とにかく勝ちは勝ちです。おかげで3連勝ボーナスをいただき、チューニングを思いっきりすすめることができました。


……あくまで私は湾岸世界の人間であり、宗旨がえをするつもりはありませんが……頭文字D、認めざるを得ないでしょう。
PR
どういうわけか「頭文字D Arcade stage 8 infinity」をプレイしてきました。

いつもは隣にある「湾岸ミッドナイト」をプレイし、こっちの方は完全スルーしていたのですが、

「やってみたら案外楽しいかも?」

と思いプレイして見ました。Ver.4~7をすっ飛ばして、いきなり8からプレイです。


選んだ車は「サバンナRX-7」(FC3S)。理由としてはプライベートでもマツダ乗りだから。そしてFDはその昔(Ver.1)全峠制覇するまでやりこんだので、湾岸ミッドナイトでも色々と語られていたFCに乗ることにしました。

第一話でいきなり秋名スピードスターズに入りたいことになってしまった私。そう言う割にはICカードも作らない完全冷やかしモードの私。実際、サラッと勝っていったん終了です。

とりあえずプレイしてみただけなので、詳しいことはよくわからないのですが……昔のようにドリフト中は一切減速しない仕様ではないのですね。ちゃんとある程度スピードが落ちるという。さらに調べてみると、タイヤのタレの概念もあるみたいで……うん、結構難しいみたいですね。

でも、プレイしてみると結構面白かったのも事実ですからね。もう一度自分の愛車をどうするか調べて、プレイしてみたいと思います。
このところは休日をまるごと1日費やして『信長の野望 天道』をプレイしていました。1度行き詰ってしまったのでやり直し、今度は調子よくすすめるかな? と思っていたら、またもや行き詰ってしまって、「これ以上こんなものに時間を費やすわけには行かない!」という政治判断を下りました。ゲームセンターCXふうに言えば挑戦失敗です。

ゲームシステムとしては『革新』を踏襲しており、それを何とか攻略したので『天道』もいけるだろう、と思っていたのですが……1回目は騎馬系技術をほとんど獲得した武田騎馬軍団に蹂躙されて降伏(PSはボタン長押し→本体の電源を切る)。2回目は織田家を吸収した武田鉄砲軍団と、最新兵器で武装した大友兵器軍団にことごとく破壊されて降伏(例のアレ)。

どちらも一度に十万近い兵力を投じてきて、しかもその質も最高峰。研究しつくされた鉄砲や大砲などでボカボカボカボカ攻撃されたのでは、適正Sのメンツで揃えた南部最強騎馬隊も限界まで耐久力を上げた名城もゴミクズ同然です。ここまで何時間もかけて積み上げたものがこんなにももろく崩れ去るとは……。

ただ、少し前までは私も数万からの部隊を率いて次々と城を攻略していたのですからね。自分がしてきたことを相手からされて苦しむ。まさに戦国の世のならいです。下克上で国を取って、下克上で国を追われた、あるいは命を落とした武将たち――何ともツライものですが、ともかく『天道』これでいったん区切りとします。

盛岡市大通にある、最近はすっかり珍しくなった純ゲーセン(プリクラもあるにはありますが)「Vict」さんに行って来ました。

ここはかつて盛岡で最もコアなゲーセンとして名を馳せた(?)「ハイテクセガ盛岡」の流れをくむためか、最新ハードに混じって『ストIIX』などの名作格闘ゲーム、そして80年代末〜90年代の名作レトロゲームが取っ替え引っ替え稼働しています。

ストライカーズ1945IIは永遠のスタンダードですからいつでも好評稼働中なんですが、今日は『バトライダー』『キャプテンコマンドー』そして『オーダイン』が稼働していました。

Oh Oh オーダイン! 素敵なオーダイン!

これは1988年にナムコから発売された横スクロールSTGで、クリスタルを集めてお店でパワーアップアイテムを買うというシステムのものです。家庭用ゲームとしてはPCエンジンに、そしてPSに(ナムコミュージアムとして)移植されました。

一応それらのソフトを持ってはいるのですが、やはりアーケードゲームはゲーセンでやるのが本道。以前CDで聞いたことのあるボーカルアレンジ曲『素敵なオーダイン』を口ずさみながら快調にプレイしました。

ほとんど初めてに近い感覚だったのですが、3面とか4面とかまでは地力で何とかなるような程よい難易度です。背景ごと障害物がグリグリ動く中をかいくぐったり、そこそこ固い敵がラッシュで出てくるのでそれを猛連射で切り抜けたり(基本的に手連射)と、熱さと冷静さ両方が求められる絶妙なバランスもGoodです。

そうかと思えばコバビーチもかくやと言わんばかりの連続高速レーザー攻撃を繰り出してくる巨大戦艦『R-4B』に唖然とし、5面道中でとあるトラップ(撃つと破壊できるオブジェクトがあるが、それを破壊すると難易度が劇的にアップする)に引っかかり、慌てているうちに撃ち漏らした敵から猛烈な攻撃を受けにっちもさっちもいかなくなりゲームオーバーでありました。ただ、しっかり楽しめたので後悔はありません。


ちなみに本作の楽曲はかの細江慎治氏が手がけていたそうです(これはこの記事を書く時Wikipediaで知った)。道理で妙にクールな楽曲が多かったわけだ。
現在ホームページで『R-TYPE DELTA』の記事を作成しているのですが、そのために久々に同作をプレイしてみました。

そうしたところ、1面の前半でいきなり1ミス。その後は3面の前半で2ミスし、ゲームオーバーになってしまいました。これは直前にプレイした『TATSUJIN』(メガドライブ版)もそうでした。一応「このあとはあーなってこーなって……」という展開はわかっているんですが、実際に弾が飛んでくると、まったく避けられないんです。

「ああ、やっぱり下手になっているなあ」

そのことを、つくづく感じました。どんなゲームでも、あるいはゲームに限らずどんなことでも、やっぱり続けてプレイしないと上達しないし、上達しても下手になっちゃうんです。


その代わり最初は2人めの中ボスにさえ勝てなかった『ベヨネッタ』を何とかクリアできたし、そのまま過去の思い出として仕舞いこんでおけばいいとも思いますが、それもちょっと切ない感じがします。90年代のゲーセンの片隅で黙々と『テトリス』をプレイするオジサンのようにはなりたくないな……と思いながらシューティングゲームをやっていた十代の自分に背を向けたくないので、やはり私はレトロゲームをプレイします。

もっとも私にとって『レトロゲーム』というのは8ビット機以前のものであり、16ビット機が『現在』であり、32ビット機以降は『次世代機』という感覚ですが。


忍者ブログ [PR]
カレンダー
12 2018/01 02
S M T W T F S
1 2 3 4 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
フリーエリア
最新CM
[06/22 どい]
[08/04 いぬがみ]
[07/29 名無し]
[07/29 名無し]
[07/28 いぬがみ(管理人)]
プロフィール
HN:
いぬがみ
年齢:
36
性別:
男性
誕生日:
1981/07/04
自己紹介:
「シューティング好きの一般人」キャリアの割には一向に上手にならない、けれどもシューティングが好きな「雰囲気組」。それ以外にも80年代末~90年代のアーケードゲーム全般が好き(パズル、格闘ゲームは苦手)。
バーコード
ブログ内検索