忍者ブログ
The Place of The Videogamesというサイトの別館的位置付けで、基本的には色々と考えて思いついたことを書くところになります。腰の入ったレビューは本館にありますのでそちらをご覧ください。一部ゲームについては攻略(っぽい)ことも書いています。
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

皆様、あけましておめでとうございます。すっかりご無沙汰しておりました。


さて早速ですが、今年一発目にプレイしたアーケードゲームは・・・なんとアタリ版『スターウォーズ』でした。ちょうどエピソード7が公開されたのでね。その公開記念と言うことなんですが・・・これ、もしかしてエミュレータか何かかしら。本来ベクタースキャンのモニタで遊ぶもののようですが・・・ま、いいか。

内容的にはエピソード4のクライマックスシーンを再現しています。すなわち宇宙空間でTIEファイターをやっつけ、その後デス・スター表面にとりつき、最終的にプロトン魚雷を通風孔にぶちこんで・・・ドカーン! というところまでです。ちなみにとあるステージではベイダー卿も参戦します。

画像検索か何かをしてパッと画面を見てみればわかると思いますが、本作品はすべて線で構成されています。超・レトロ感覚です。しかし動きは非常に滑らかで、トレンチに突入して壁に設置された砲台をバカバカ破壊していくシーンなんかはきわめて迫力があります。下手な近現代ゲームよりもよほど入り込めます。

展開としては3ステージ1セットのループゲームなんですが、つくづくアタリという会社のすごさを感じます。今はもう存在しない(名前はありますけど)ところですが、これをリアルタイムに遊べた人はちょっぴりうらやましい感じがします。私もこういった形であれ、ちゃんとゲーセンでプレイできたのでよかったですが。
PR
このところは多忙を極め(ここ1ヶ月無休だった、など)なかなかゲームどころではなかった私。今日は久々に実家に帰ってきたので、「トラブルウィッチーズAC」をプレイしました。

…1面で2ミスしてしまいました。それも、何の変哲もないザコ敵の攻撃にやられて。

一応、ライフ4個(いつもの2倍)設定だったのでね。「久々のプレイだから、ここからが勝負だぜ」とばかりに2面はノーミスクリア。あれ? もしかしたらいけるんじゃない? と思ったら、いつもどおり3面ボスの雪女ドリオサームにやられて終了。

すっかり錆び付いてしまったな、と思いました。シューティング、もうダメなのかもしれません。

少なくとも、「トラブルウイッチーズ」は、これで終了です。これ以上、先に進めないような気がします。気持ちが、完全にくじけてしまったようです。


ただ、やっぱりシューティングはあきらめたくないです。

そもそもどうして今回失敗してしまったのかと言えば、システムに溺れてしまったからです。魔法陣を張って敵弾をスローにさせたり消したりするシステムがあったり、そうやって集めたお金で特殊武器を買ったり・・・という、ゲームを盛り上げ有利にすすめるシステムを使いこなさなきゃいけない! と思いアレコレ意識していたら、結局2ミスしてしまいました。

こう言っては見も蓋もないのですが、システムは極力シンプルな方がいいです。それこそ「雷電」くらいシンプルな方がいいです。あまりゴチャゴチャと新システムが上乗せされていると、どうやら私、ついていけないらしいです。

果たしてこれからどうなるのか? つづく(かも)
『頭文字D8』はサイドワインダー編まで行きました。ただ、なんだか薄気味悪い人たち(死神とか)が出てきて何だかなあ~な感じになってきたので、ちょっと休止しています。

その代わり出向先の寮に持ってきたPCをテザリング接続してネットにつなげるようになったので、『リングドリーム』を再開しました。時間がないときでも、とりあえずログインボーナスを獲得できますからね。早くVRバージョンのディアナ・ライアルをレベル4まで育てたいのですが……。


久しぶりなので書きますが、私がこのゲームを始めたきっかけはディアナ・ライアルでした。あの子をレスラーとして強くさせたい! という思いからこのゲームをはじめ、様々な選手を育成し、今では中の上くらいのデッキを組んでいるという自負があります。

攻撃側デッキの主力は「プロミネンス加藤」(VR)。現実世界で言えば大谷晋二郎選手並の熱さを持つ選手です。反対に防御側デッキの主力が『ディアナ・ライアル』(SR/レベル4)なんですが……これ、イベントで手に入れたSUMMERバージョンなんですよね。だから事務所に来てくれる時も水着姿で、ず~っと違和感を感じていたのです……。

そういうわけで見た目重視、スペックは落ちるものの通常バージョン(ただしVR)のディアナをデッキに組み込みました。

そんなこんなで、今日も奥入瀬の渓流の音を聞きながら頑張っています。
「頭文字D8インフィニティ」結局、免許証を作って始めてしまいました。より多くの人に冷水を浴びせるためには車のチューニングを進めなければいけないと思ったからです。

選んだ車は「マツダ・RX-8」。色は私の現実世界の愛車ファミリアファミ子(BJ5W無改)と同じサンライトシルバーメタリック。RX-7(FD3S)ではなくRX-8を選んだのは、湾岸ミッドナイトの世界と違い、そこまでパワーはいらないだろうと思ったからです。だって130馬力程度の80年代ライトウェイトカーが主役の世界ですもんね?

そういう世界なら今のところ最新で究極のREマシンであるRX-8も十分に活躍できるだろう……そう思ってセレクトしました。私も実際にマツダ乗りですしね。


とりあえず車をチューンしていくポイントがもらえるので原作のキャラクター相手のバトルやら全国通信対戦のバトルやらをプレイしているのですが……全国対戦がめっぽーアツいですね。自分の「走り屋クラス」とマッチングした相手が出てくるからなのか、実力伯仲、抜きつ抜かれつのバトルが展開されます。

一方で走り屋クラスは私と同じ最低ランクながら、なぜか162勝をマークしている謎の人とかもいてビックリしてしまいました。しかも車はこちらよりも格段にパワーのある80スープラで、選んできたコースは3回くらいしか走ったことのない赤城。そしてわざわざレインコンディションを選択してきたのだから、ほとんど勝ち目はありません。

「これはバトルじゃない セミナーだ」

自分にそう言い聞かせ、とりあえず「どうやったら上手にドリフトができるのか?」「レインコンディションだと、どのくらい滑りやすいのか?」を覚えるために気持ち強めの減速をしながら走行。当然ながら相手との距離は最大で150メートルくらいついたのですが……なぜか終盤で相手が失速。グイグイと差を詰め、ついに大逆転勝利を飾ってしまったのでした。

1.相手がエンジンブローした、または重量級の車ゆえタイヤがタレた
2.相手がゲローした(パープル・シャドウの城島先生のように)
3.私がヘボすぎて勝負を降りた

どういった理由があったかはわかりませんが、とにかく勝ちは勝ちです。おかげで3連勝ボーナスをいただき、チューニングを思いっきりすすめることができました。


……あくまで私は湾岸世界の人間であり、宗旨がえをするつもりはありませんが……頭文字D、認めざるを得ないでしょう。
どういうわけか「頭文字D Arcade stage 8 infinity」をプレイしてきました。

いつもは隣にある「湾岸ミッドナイト」をプレイし、こっちの方は完全スルーしていたのですが、

「やってみたら案外楽しいかも?」

と思いプレイして見ました。Ver.4~7をすっ飛ばして、いきなり8からプレイです。


選んだ車は「サバンナRX-7」(FC3S)。理由としてはプライベートでもマツダ乗りだから。そしてFDはその昔(Ver.1)全峠制覇するまでやりこんだので、湾岸ミッドナイトでも色々と語られていたFCに乗ることにしました。

第一話でいきなり秋名スピードスターズに入りたいことになってしまった私。そう言う割にはICカードも作らない完全冷やかしモードの私。実際、サラッと勝っていったん終了です。

とりあえずプレイしてみただけなので、詳しいことはよくわからないのですが……昔のようにドリフト中は一切減速しない仕様ではないのですね。ちゃんとある程度スピードが落ちるという。さらに調べてみると、タイヤのタレの概念もあるみたいで……うん、結構難しいみたいですね。

でも、プレイしてみると結構面白かったのも事実ですからね。もう一度自分の愛車をどうするか調べて、プレイしてみたいと思います。


忍者ブログ [PR]
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新CM
[06/22 どい]
[08/04 いぬがみ]
[07/29 名無し]
[07/29 名無し]
[07/28 いぬがみ(管理人)]
プロフィール
HN:
いぬがみ
年齢:
35
性別:
男性
誕生日:
1981/07/04
自己紹介:
「シューティング好きの一般人」キャリアの割には一向に上手にならない、けれどもシューティングが好きな「雰囲気組」。それ以外にも80年代末~90年代のアーケードゲーム全般が好き(パズル、格闘ゲームは苦手)。
バーコード
ブログ内検索