忍者ブログ
The Place of The Videogamesというサイトの別館的位置付けで、基本的には色々と考えて思いついたことを書くところになります。腰の入ったレビューは本館にありますのでそちらをご覧ください。一部ゲームについては攻略(っぽい)ことも書いています。
[367] [366] [365] [364] [362] [361] [360] [359] [358] [357] [356]
ウチの会社の若いモンが『太鼓の達人』で私が知らない曲を叩いていたので、数年ぶりにやってみましたよ『太鼓の達人』。

 初っ端、『アントニオ』という・・・一度も聞いたことがない曲を誤って選択してしまい、少々戸惑いつつクリア。次に選んだのは、けっこー昔(まだナンバリングがあった時代)から知っていたものの実際に叩いたことはない『KAMIKAZE REMIX』(リッジレーサーより)を演奏。フルコンボで攻略しました。そして最後は若いモンが演奏していた『ブラックロックシューター』なる楽曲をプレイ・・・まあ、多少ミスしたものの、ゲージは満タンでクリアしました。

 ちなみに全部、難易度は「ふつう」です。

 さすがに昔ほど熱くなることはありませんが、リズムに合わせて身体を動かすことは、なんというか、本能的に楽しいですよね。かつて音楽演奏ゲームが各社からでまくった時代、あれやこれやとプレイしまくった私。決して得意なわけではありませんが、その楽しみがわからないわけではありません。下手は下手なりに一生懸命プレイして、それなりの成果を得て来ました。

 だから、ほら、アレだ。会社の若い衆に合わせるという名目で、ボカロとやらの曲も多少はやれるよう練習してね。昔取った杵柄ですか。またちょっと、やってみようかなと思います。


 ただ、さすがに35歳になった現在では、ボーカロイドの楽曲に耐え難い気恥ずかしさを覚えることもあります。
 
 それを強く感じたのが数年前、初音ミクの『千本桜』を聞いたとき。そして、それを「project DIVA ARCADE」でプレイしたとき。その時点でproject DIVAをプレイするのも結構ブランクがあり、同席した弟者に「最近流行っている楽曲はどれなの?」と聞いて選んだのですが、

 「10年、遅かったか」

 そう感じました。

 自分が20歳そこそこの若造であれば、この世界観を素直に受け入れられたでしょう。さながら『マクロスプラス』でシャロン・アップルの歌声に魅了されるマクロスシティの住民のようになっていたでしょう。

 いいですよ、初音ミク。すばらしい楽曲だと思います、『千本桜』。ただ、今の私はイサム・ダイソンなので。もはや初音ミクにドッキドキできなくなってしまったのです。今後は若い人たちに合わせるために、ある程度の間合いを取りながら、付き合っていこうと思います。
PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


忍者ブログ [PR]
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
フリーエリア
最新CM
[06/22 どい]
[08/04 いぬがみ]
[07/29 名無し]
[07/29 名無し]
[07/28 いぬがみ(管理人)]
プロフィール
HN:
いぬがみ
年齢:
36
性別:
男性
誕生日:
1981/07/04
自己紹介:
「シューティング好きの一般人」キャリアの割には一向に上手にならない、けれどもシューティングが好きな「雰囲気組」。それ以外にも80年代末~90年代のアーケードゲーム全般が好き(パズル、格闘ゲームは苦手)。
バーコード
ブログ内検索