忍者ブログ
The Place of The Videogamesというサイトの別館的位置付けで、基本的には色々と考えて思いついたことを書くところになります。腰の入ったレビューは本館にありますのでそちらをご覧ください。一部ゲームについては攻略(っぽい)ことも書いています。
[368] [367] [366] [365] [364] [362] [361] [360] [359] [358] [357]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

リングドリームの話です。


本作では期間ごとに様々なイベントが催され、ゲームを有利に進められるアイテムや強い選手のカードを手に入れることができます。

今のイベントは、日ごとに異なる試合が行われ、そのたびどちらかの選手の陣営に着き、ポイントを稼いで何とか勝たせよう…というもの。

大半はさほど思い入れのない選手なので、そこそこに肩入れしていたのですが昨日は少し違いました。

一ノ瀬栞vsアントラー山口戦です。

テンキー入力であまり長い文章を書けないので簡潔に書きます。私は両者とも自分のデッキに組み込んでいます。どっちも好きです。だから、どっちに肩入れするのも抵抗があったのですが…

アントラー山口の方につきました。

声が野田順子さん(ときメモ2のヒロイン・陽之本光ですね)だから…と言うわけではありません。二人のストーリー上の立ち位置を考えて、そうしました。

一ノ瀬栞さんは団体の中でも結構上というか、自ら「選手兼フロント」というぐらいだから、若い子の面倒を見たりなんだりする立場なんでしょう。

対して、それを乗り越えようと挑戦するアントラー山口。プロレスラーらしい快活な性格で、正面から激しくぶつかり合うスタイルを好むというのでね。

より困難なことを成そうとする方に、つきました。


そのために、かなりアイテムを使いました。大切にため込んでいたアイテムを惜しみなく投じ、劣勢に傾いてもそれを逆転させること数度。

午前0時に決着が付くのですが、23時30分時点で5万ポイントくらいリードしていました。

安全圏とは言わなくても、まあ何とかなるだろう…と思っていたら、わずか数分の間に逆転。20万ポイント以上、逆にリードされてしまいました。これでは、個人の力では逆転不可能です。

初めて、悔しいと思いました。このゲームをプレイしていて。


一ノ瀬栞陣営についていた無数の兵隊が一斉蜂起したのか、はたまた運営サイドの意向が働いたのか。いずれにしても、完敗です。

ただし、全力を尽くしてなお勝たせられなかったので、仕方ないかな。元よりどちらの選手も、私のデッキのなかでは共闘関係ですし。遺恨はありません。

そんなわけでまた、私は独立独歩のチーム運営に戻ります。マイペース、マイペースっと。


PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


忍者ブログ [PR]
カレンダー
09 2018/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
フリーエリア
最新CM
[06/22 どい]
[08/04 いぬがみ]
[07/29 名無し]
[07/29 名無し]
[07/28 いぬがみ(管理人)]
プロフィール
HN:
いぬがみ
年齢:
37
性別:
男性
誕生日:
1981/07/04
自己紹介:
「シューティング好きの一般人」キャリアの割には一向に上手にならない、けれどもシューティングが好きな「雰囲気組」。それ以外にも80年代末~90年代のアーケードゲーム全般が好き(パズル、格闘ゲームは苦手)。
バーコード
ブログ内検索