忍者ブログ
The Place of The Videogamesというサイトの別館的位置付けで、基本的には色々と考えて思いついたことを書くところになります。腰の入ったレビューは本館にありますのでそちらをご覧ください。一部ゲームについては攻略(っぽい)ことも書いています。
[95] [94] [93] [92] [91] [90] [89] [88] [87] [86] [85]
 R-TYPEシリーズは初代から外伝まで含めてファイナルまですべてやり通し、ある程度のイメージはあるのですが、反対にグラディウスシリーズは『難しい』というイメージしかない犬神です。
  
  いや、それを言ったらありとあらゆるゲームが難しいのですが、グラディウスシリーズの場合特に難しいと言うイメージがあります。何でなのかと考えるに、それはまだ(今と比べて)ゲームが上手でなかった時代にコテンパンにやられて、それをずっと引きずってしまっているからなのだろう、と自分では思っています。

 ただ、振り返ってみるとそれはPCE版などでプレイした『Ⅱ』であったり、このために買ったと言ってもいいようなMSX2でプレイした「2」だったり、アーケードでちょっとかじって挫折して、そのあとPS2版を買って完全に打ちのめされた『Ⅲ&Ⅳ』だったりするわけで、初代は実はファミコン版しかまともにプレイしていなかったのですね。

 もちろん、全然プレイしたことがないわけではないのですが、今は改装したバッティングセンターでちょこっとプレイしたくらい。ひとつめのビッグコアまで行ったか行かないかってところだったんじゃないかな。ちなみにその時のプレイ料金『30円』は、後にも先にもこの一度きりです(笑)。


 で、実際どうなのよと思って、改めてやってみました。

 確かにパワーアップすると、敵の弾の量や速度がガラリと変化し、程なくして撃滅。そのあと復帰してもなかなか要領を得ず、4面の中ボスでやられてしまいました。この唐傘お化けみたいなやつは、コレで出てきたのね。

 ただ、想像していたほどではないような気がしました。ステージが感覚的には短いから、ちょっと危なっかしい避け方でもどうにかごまかせたのも大きいと思いますが、とにもかくにも結構楽しめたというのが感想です。

 何よりも、ハデハデで激烈に難しい最新ゲームに疲れたこともあってなのか、気持ち的に安心するのですね。それでなくても最近は80年代後半~90年代前半くらいのゲームをよくやっているので、これを放っておく手はないな、と思い、少しずつ遊んでみようと思います。

 
 レトロゲーム専門とふさぎこまずに、常に最新ゲーム(主にアーケード)にも目を光らせていくつもりですが、やっぱり『そこそこ遊べて、雰囲気的にも大満足』できるのって、古いゲームなんだよなぁ。やっぱりちょっとフケてるのかなあ(苦笑)。
PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
最新CM
[06/22 どい]
[08/04 いぬがみ]
[07/29 名無し]
[07/29 名無し]
[07/28 いぬがみ(管理人)]
プロフィール
HN:
いぬがみ
年齢:
36
性別:
男性
誕生日:
1981/07/04
自己紹介:
「シューティング好きの一般人」キャリアの割には一向に上手にならない、けれどもシューティングが好きな「雰囲気組」。それ以外にも80年代末~90年代のアーケードゲーム全般が好き(パズル、格闘ゲームは苦手)。
バーコード
ブログ内検索