忍者ブログ
The Place of The Videogamesというサイトの別館的位置付けで、基本的には色々と考えて思いついたことを書くところになります。腰の入ったレビューは本館にありますのでそちらをご覧ください。一部ゲームについては攻略(っぽい)ことも書いています。
[151] [150] [149] [148] [147] [146] [145] [144] [143] [142] [141]
 『バトルガレッガ』を、久しぶり(たぶん年単位で)にセガサターンでやってみたのですが……。という話の続きです。

 『ストライカーズ1945』で(ド派手な)レシプロ戦闘機の戦いに魅了された犬神は、その超高難度にもかかわらず本作を買い求めました。

 このサターン版のいいところは、無論、100円玉の心配をすることなく心行くまでバリバリ遊べるということなのですが、同時にオプション設定で難易度・残機数・クレジットなどを細かく設定できること。要するにシューティングが上手でない人でも鉄の破片や火花が飛び交うガレッガの世界を楽しめると言うことです。

 犬神はアーケード版は……せいぜい3面ボスくらいまでの成績なのですが(それ以上やりこむ前にエスプレイドに移行してしまった)、この難易度設定のおかげで何とかコンティニューすることなくエンディングまで見ることが出来ました。

 その際の設定と言うのは、

 『難易度:最低』『初期残機数:5』『エブリ設定:50万点毎』

 ……という、まあ、某真島の兄さんでなくても『甘いなぁ~犬神チャン、アマアマや』と言いたくなってしまうような設定でした。

 さすがにここまでの低難易度設定ですと、ランク調整などの意識をする必要は皆無であり、心置きなく序盤から秒間30連射で突き進むことが出来ます。もしも同じことをアーケード版でやった日には、国産ゲーム史上最悪の剣林弾雨といった有様になることでしょうが、ちゃんとクリア出来るからすばらしい。

 コアなファンなら、「そんなもんガレッガじゃねえよ」と憤慨されると思うのですが、ハドソンのゲームでシューティングのイロハを学んだ犬神からしてみれば、「好きなだけ弾を撃ちまくって片っ端から敵を破壊していくのがシューティングの醍醐味」であって、そんな面倒くさいことを考えるのは嫌だし、ましてや先に進むために自爆するなんてのは論外! なんです。

 ……まあ、邪道プレイ・外道プレイであることはわかっています。ただ、きちんと正面から取り組むには、あまりにもこのゲームは難しすぎます。かといってそっぽを向くには、あまりにも魅力的過ぎるのです。


 『バトルガレッガ』、改めてプレイしてみると、やはりすばらしいゲームだなと思いました。お前に言われたくねえよ! って?……ハイ、スミマセン。
PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
フリーエリア
最新CM
[06/22 どい]
[08/04 いぬがみ]
[07/29 名無し]
[07/29 名無し]
[07/28 いぬがみ(管理人)]
プロフィール
HN:
いぬがみ
年齢:
36
性別:
男性
誕生日:
1981/07/04
自己紹介:
「シューティング好きの一般人」キャリアの割には一向に上手にならない、けれどもシューティングが好きな「雰囲気組」。それ以外にも80年代末~90年代のアーケードゲーム全般が好き(パズル、格闘ゲームは苦手)。
バーコード
ブログ内検索