忍者ブログ
The Place of The Videogamesというサイトの別館的位置付けで、基本的には色々と考えて思いついたことを書くところになります。腰の入ったレビューは本館にありますのでそちらをご覧ください。一部ゲームについては攻略(っぽい)ことも書いています。
[43] [42] [41] [40] [39] [37] [38] [36] [35] [34] [33]
 CAVEの新作横STG「デススマイルズ」をやってきました。

 ゴシックでロリータでぐへえっといった感じもしないでもないのですが、そういったすべてに優先する「アーケードで横シュー」というのが、もうそれだけで稀有な、というかとにかく席が空いているというだけで即座にプレイ。

 この時世に左右どちらからも敵が出てきて、左右どちらにでも撃てると言う、なんだか「サイドアーム」のような「バトルマニア」のような「アトミックロボキッド」のような……まあ何でもいいんですが、ともかく新しいけど懐かしい内容。それでいて「ボーダーダウン」を思い出したり「R-TYPE DELTA」のあの辺を思い出したりと、こういうゲームがまだアーケードで出てくるんだ! と感動してしまいました。

 加えて主人公が「風使い」と来れば、これはもはや事実上「シルフィア」の続編と言ったらたぶん失笑か冷笑か嘲笑の憂き目に遭うことでしょうが、そう思ったのだから仕方がない。でももうひとりの子が見た目も性格も某少年漫画誌「王者」の三女さんっぽいと思ったのは私だけでしょうねきっとね。

 加えて難易度が絶妙に低く抑えられていて、3面の縦スクロール面や最終面こそさすがに難しいものの、そこまでは妙にスイスイと進めるもので、ちょっと疑心暗鬼というか、「このあときっと壮絶な弾幕ラッシュが来るんだろうな」と構えていたところ見事に肩透かしを食ってしまいました。

 まあ、初心者が先に進む分には簡単に、上級者が無双乱舞モード(カウンタMAX時にボタン同時押し)で激しくスコアアタックするには難しく……ということなのでしょう。その辺のバランス感覚たるや見事と言いたいところです。これなら、キャラクタの人気を加味してとはいえ、また新しい層を取り込めるんじゃないかしらん。


 その興奮冷めやらぬまま隣の隣の「虫姫さま ふたり」をプレイしたところ、3面ボスで立て続けにミスしゲームオーバーに。やはりこちらは浮ついた気持ちでは先に進めないようです。アーケードゲームは一日一プレイ。慣れてアレコレ理で考えるより、自分のセンスで立ち回る。アカギではありませんが、気持ち的にもスコア的にも、それがベストな気がします。
PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
最新CM
[06/22 どい]
[08/04 いぬがみ]
[07/29 名無し]
[07/29 名無し]
[07/28 いぬがみ(管理人)]
プロフィール
HN:
いぬがみ
年齢:
36
性別:
男性
誕生日:
1981/07/04
自己紹介:
「シューティング好きの一般人」キャリアの割には一向に上手にならない、けれどもシューティングが好きな「雰囲気組」。それ以外にも80年代末~90年代のアーケードゲーム全般が好き(パズル、格闘ゲームは苦手)。
バーコード
ブログ内検索