忍者ブログ
The Place of The Videogamesというサイトの別館的位置付けで、基本的には色々と考えて思いついたことを書くところになります。腰の入ったレビューは本館にありますのでそちらをご覧ください。一部ゲームについては攻略(っぽい)ことも書いています。
[36] [35] [34] [33] [32] [31] [30] [29] [28] [27] [26]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

弾幕系STGを久しぶりにプレイしたところ惨憺たる有様で、私の視神経および脳神経の衰えを痛感した次第でありますが……しかしながら、一方で「ストライカーズ1945Ⅱ」はかなり善戦、アーケードでは初めて6面まで進めました。序盤で2機やられた割には、4面や5面で1機もやられずに進めたので、やはりあきらめないことが大事ですね。

「普段やられないところでやられたら、普段やられるところでやられなきゃいいじゃん」

シンプルなものです。

で、一応その筐体には右端にオート連射があり、これに右手の薬指を乗せておけば後は左手中心のプレイでスイスイスーってなものですが、ただ……どうも、味気ないというか……決して自分は素手連射が得意なわけではなく、こないだシューティング技能検定を広島でやったところ実年齢+10くらいの判定を出されたほどのレベルなのですが、ともかく一生懸命にボタンを叩きました。

硬いボスへの撃ち込みなんかは、決して速くはないにしても機械に連射させたほうがよほど効率的だとは思うのですが、それで敵を倒しても、なんかむなしいというか……「作業」みたいな感じですよね。弾幕系のSTGならば、ある程度オート連射前提みたいなところがあるから別ですが、ストライカーズみたいな一生懸命系のSTGでそれはちょっと寂しい。ということもあってうおおお。


かっこ悪くても、非効率的でも、先に進めなくても、無駄が多くても。限りあるお金を叩き込んで、限りある時間を使って、少しでも積極的にその中に参加する。効率化の向こう側を見ているだけでは決してたどり着けない領域がある……というか、昔はそれが当たり前だったとは思うのですが、楽することばかり考えて見えなくなっていた面白さがあったのかもしれない、と思いました。どうやら泰平の世にボケていささかいくさ人の心を忘れておったようですな。
PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新CM
[06/22 どい]
[08/04 いぬがみ]
[07/29 名無し]
[07/29 名無し]
[07/28 いぬがみ(管理人)]
プロフィール
HN:
いぬがみ
年齢:
36
性別:
男性
誕生日:
1981/07/04
自己紹介:
「シューティング好きの一般人」キャリアの割には一向に上手にならない、けれどもシューティングが好きな「雰囲気組」。それ以外にも80年代末~90年代のアーケードゲーム全般が好き(パズル、格闘ゲームは苦手)。
バーコード
ブログ内検索